スタッフ

企画・製作・監督……大宮浩一 おおみや・こういち

1958年生まれ。映画監督、企画、プロデューサー。日本大学芸術学部映画学科在学中より映像制作に参加。『ゆきゆきて、神軍』(87/原一男監督)等で助監督を務める。93年、有限会社 大宮映像製作所を設立。主な企画・プロデュース作品に、『よいお年を』(96/宮崎政記監督)、『JUNK FOOD』(98/山本政志監督)、『DOGS』(99/長崎俊一監督)、『青葉のころ よいお年を2』(99/宮崎政記監督)『踊る男 大蔵村』(99/鈴木敏明監督)等。
2010年、『ただいま それぞれの居場所』を企画・製作・監督。同作は、介護保険制度導入から10年を経た介護福祉の実状と、自らの理想とする介護を実現するため施設・事業所を立ち上げた若い介護スタッフたちの取り組みを描き、「平成22年度文化庁 映画賞文化記録映画大賞」を受賞。同年、若い介護スタッフたちが主催したトークライブと彼らの日常を記録した『9月11日』を企画・製作・監督。山形国際ドキュメンタリー映画祭2011にて上映される。2011年、東日本大震災で津波の被害を受けた土地の風景とそこで出逢った人々の声を記録した『無常素描』を企画・製作・監督。震災後に制作されたドキュメンタリー映画としてもっとも早く、同年6月に劇場公開。山形国際ドキュメンタリー映画祭2011ほか、ニューヨーク、パリ、ロンドンなど国内外での上映が続いている。

『ただいま それぞれの居場所』公式WEBサイト http://www.tadaima2010.com/

『9月11日』公式WEBサイト http://www.911kaigobaka.com/

『無常素描』公式WEBサイト http://mujosobyo.jp/

取材ディレクター……北里宇一郎 きたざと・ういちろう

1951年生まれ。主な脚本・構成作品に、ドキュメンタリー『こどもたちの時間』(95/宮崎政記監督)、『よいお年を』、『青葉のころ よいお年を2』、『ただいま それぞれの居場所』。文化記録映画『都市はじめて物語』(95/原村政樹監督)、『宮武外骨』(97/村山正実監督)。劇映画『新唐獅子株式会社』(99/前田陽一監督)、『シベリア超特急2』(00/水野晴郎監督)、『シベリア超特急3』(02/MIKE MIZUNO監督)、『蒸発旅日記』(03/山田勇男監督)、『トテチータ・チキチータ』(12/古勝敦監督)等。編著作に「日本カルト映画全集 暴行切り裂きジャック」、「多重映画脚本家 桂千穂」。

撮影……山内大堂 やまうち・だいどう

1982年生まれ。日本映画学校映像ジャーナルゼミ在学中からカメラマンとしてドキュメンタリー映画制作に携わる。主な撮影作品に『バックドロップ・クルディス タン』(07/野本大監督)、『アヒルの子』(10/小野さやか監督)、『ただいま それぞれの居場所』、『9月11日』、『無常素描』、『ドコ二モイケナイ』(12年公開予定/島田隆一監督)等。

編集……辻井 潔 つじい・きよし

1979年生まれ。日本映画学校在学中に、ドキュメンタリー映画『国分寺リズムボーイ』を撮影・編集・監督。編集助手を経て、
『パレスチナ1948・NAKBA』(08/広河隆一監督)を共同編集。主な編集作品に、『花と兵隊』(09/松林要樹監督)、『ただいま それぞれの居場所』、『9月11日』、『ミツバチの羽音と地球の回転』(11/鎌仲ひとみ監督)、『ぼくたちは見た -ガザ・サムニ家の子どもたち- 』(11/古居みずえ監督)、『ドコニモイケナイ』、『隣る人』(12年公開予定/刀川和也監督)、『100万回生きたねこ』(12年公開予定/小谷忠典監督)等。

サウンドデザイン……石垣哲 いしがき・さとし

1959年生まれ。株式会社イメージファクトリィ取締役。テレビ、ラジオの音響効果マンとして、数々の作品に参加。ラジオの参加作品では、芸術祭賞、民間放送連盟賞、ギャラクシー賞、クリオ賞、ACC賞の受賞歴がある。ゲームやアニメーション作品の音響効果マンとしても活躍。近年は、テーマパークや施設のサウンドデザインチームに参加。『ただいま それぞれの居場所』『9月11日』のサウンドデザイン、『無常素描』の整音をつとめる。

題字……坂谷彦山 さかたに・げんざん

1953年生まれ。本名・彦兵衛。書道家・彦山書道会主宰、書道同人誌「永和」同人。20歳で書道を始める。2001年には東京書作展特別賞受賞、審査会員に推挙される。これまで4度の個展を開き注目を集める。地域においては子供たちの指導、生涯学習の指導を行うなど、社会に貢献。『よいお年を』、『青葉のころ よいお年を2』『ただいま それぞれの居場所』の題字を揮毫。

音楽……森圭一郎 もり・けいいちろう

1978年生まれ。シンガーソングライター。16歳の夏にバイク事故で車椅子に。一時は引き蘢りになるがその後歌と出会い、ライブ活動を始める。25歳の時に北海道から鹿児島を巡る日本縦断の旅にでて、挑戦する事の意味、人との出会いの大切さを知る。現在も日本中を周りながらライブを中心に活動し、ラジオパーソナリティも担当、また講演会なども行っている。2012年の夏アメリカ横断も決定している。04年 、アルバム「一人じゃないから」でデビュー、「妻沼」(05)、「灯り」、「いのちの灯り」(06)、「アンデスの風になりたい」(08)、「おぼらだれん」(10)を発表。04年、自叙伝「両輪 ダブル・ホイール」を執筆。11年、ゴールドコンサートでグランプリを受賞。『ただいま それぞれの居場所』でもエンディング・テーマ「君のためにつくった歌」を歌っている。