news

メディア情報(「産経新聞」)

産経新聞(3/30 金)で、4/7~13開催の
【公開講座 春の夜の“ちょっとアナーキーな”ケア・ゼミナール】を取り上げていただいています。

こちらの記事は、インターネットでもご覧いただけます。
⇒産経新聞HP 「MSN.」

メディア情報(「クリスチャン新聞」)

「クリスチャン新聞」のWEBサイトにて、
映画レビューが掲載されております。

見出しは、
『季節、めぐり それぞれの居場所』-ここには、“団らん”がある

こちらからご覧いただけます。
「クリスチャン新聞」HP

ぜひ、読んでみてください!

メディア情報(「毎日新聞」)

毎日新聞朝刊・都内版(3/26(月))で、
4/7~13開催の【公開講座 春の夜のちょっとアナーキーなケア・ゼミナール】と取り上げていただいています。

こちらの記事は、インターネットでもご覧いただけます。
⇒毎日新聞HP「毎日jp」

 

メディア情報(「看護実践の科学」)

『看護実践の科学』(看護の科学社)4月号で紹介されました。
http://www.kango.co.jp/

『春の夜の(ちょっとアナーキーな)ケア・ゼミナール』開催!

大宮浩一監督最新作『季節、めぐり それぞれの居場所』公開記念
公開講座 春の夜の(ちょっとアナーキーな)ケア・ゼミナール

2012年4月7(土)―4月13日(金) 連日19:00より開催
会場:ポレポレ東中野 http://www.mmjp.or.jp/pole2/
主催:ケアフィルムフェスティバル準備室 共催:ポレポレ東中野、東風
チラシPDFのダウンロードはこちら

キーパーソンと映画を観る。
僕らの「社会」を
もっと自由に考える。

新作映画『季節、めぐり それぞれの居場所』公開に先駆け、「春の夜のケア・ゼミナール」と題した全7プログラムの連続講座を開催します。「介護」や「ケア」と呼ばれるいとなみを記録したドキュメンタリー映画、震災後の世界を生き抜くヒントとなる映画などを一挙公開。上映後にはさまざまな分野・領域のキーパーソンたちを講師に招き、私たちの社会について、そして「生きる」ということをもっと自由に考える「場」を参加者のみなさんとともにつくることができたらと願っております。――ケアフィルムフェスティバル準備室

≪プログラム≫
初夜  4/7(土) 『季節、めぐり それぞれの居場所』★特別先行上映
×講師 三好春樹さん(生活とリハビリ研究所 代表)
※本プログラムのみ事前予約が必要になります。
東風(E-mail: info@kisetsumeguri.com /FAX:03-5919-1543)までお申込みください。※予約数によっては当日券が出ない可能性もございますのでお早めにご予約ください。※本プログラムは「フリーパス券」ではご覧いただけません。

第2夜 4/8(日) 『ただいま それぞれの居場所』
×講師 安西順子さん(宅老所・デーサービス「ひぐらしのいえ」代表)

第3夜 4/9(月) 『普通に生きる』
×講師 小林不二也さん(生活介護事業所「でらーと」「らぽーと」所長)

第4夜 4/10(火) 『あいラブ優ちゃん』+『さようならCP』
×講師 萩野亮さん(映画批評家、ドキュメンタリーカルチャーマガジン『neoneo』編集主幹)

第5夜 4/11(水) 『無常素描』
×講師 西山雄二さん(首都大学東京准教授、『哲学への権利』著者)
三浦哲哉さん(映画批評家、Image.Fukushima代表)

第6夜 4/12(木) 『9月11日』
×講師 大野更紗さん(作家、『困ってるひと』著者)
開沼博さん(社会学者、『「フクシマ」論  原子力ムラはなぜ生まれたのか』著者)

最終夜 4/13(金)『JUNK FOOD / ジャンクフード』+『MAKING OF JUNK FOOD』
×講師 山本政志さん(映画監督、『闇のカーニバル』『スリー・ポイント』)
大槻貴宏さん(ポレポレ東中野 支配人)

★参加費:一夜 2,000円
フリーパス券 5,000円(※4/7[土]のプログラムにはご使用できません。※限定10枚。※ポレポレ東中野劇場窓口にて販売。※講演のみにもご使用いただけます)

お問い合わせ先:ケアフィルムフェスティバル準備室(合同会社東風 内)
TEL:03-5919-1542  FAX:03-5919-1543  info@tongpoo-films.jp

メディア情報(「ローロングストーン日本版」)

「ローリングストーン日本版」(アトミックスメディア)4月号で紹介されています。
http://www.rollingstonejapan.com/

見出しは「介護を通して見えてくる “生”と“死”のあり方」
ぜひ、書店でお手にとってください。

『季節、めぐり』新チラシ完成!

公開までいよいよあと1カ月!
『季節、めぐり それぞれの居場所』の新チラシが完成いたしました!

三好春樹さん、大野更紗さん、開沼博さんのコメントに加え、
想田和弘さん(映画監督/『選挙』『精神』『Peace』)
砂田麻美さん(映画監督/『エンディングノート』)
萩野亮さん(映画批評/ドキュメンタリーカルチャーマガジン『neoneo』編集主幹)
の映画へのコメントを掲載しています。

コメントページからもご覧いただけます⇒こちら

劇場などで見かけましたらぜひ、お手にとってください。

☆★『季節、めぐり』サポーターを募集中です!★☆
チラシ配布やポスター掲示など、ご協力いただける方を募っております。
info@kisetsumeguri.comまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

メディア情報(「月刊ブリコラージュ」)

『月刊ブリコラージュ』(七七舎)3月号で紹介されました。

「泣きながら乾杯する」と題した三好春樹さんによる映画評が掲載されております。

http://www.nanasha.net/brico/

メディア情報(「産経新聞」)

産経新聞(2012年3月2日│金)の文化面、
震災後に作られた映画についての特集記事の中で、
『季節、めぐり それぞれの居場所』が紹介されました。
記事はWEBサイトからもご覧いただけます。
msn.産経ニュース

メディア情報(「月刊介護保険」「WAM」)


『月刊介護保険』(法研)3月号で紹介されました。
http://www.sociohealth.co.jp/magazines/kaigo.html


『WAM』(福祉医療機構)3月号で紹介されました。
http://hp.wam.go.jp/